シャツ コーデ

バラエティにとんだシャツに挑戦してみて

シャツスタイルをカッコよく決められるかによって、オシャレ度も変わるというもの。それくらいシャツは注目アイテムのひとつなのです。

 

シンプルでオーソドックスなシャツはもちろんですが、素材、デザイン、柄など、さまざまなシャツが出回っている今期、ぜひ色々なシャツに挑戦してみてほしいと思います。

 

例えば、永遠のモテ定番アイテム、デニムシャツ。普通のデニムシャツと違って、こんな感じのワンランク上のデニムシャツを選んでみて。

 

全体的にシワ加工が施されていて、細身。ウエストのラインしぼられていて、きれいなラインが出ます。最近はケミカルウォッシュの流行の再来と言われていますから、このシャツはピッタリど真ん中です。

 

詳しく見る

女の子も大好き!チェックシャツ

女子は男性が着るのチェックが大好き。タータンチェックやギンガムチェック、バーバリーチェックなど、チェックには色んなタイプの柄がありますが、
オススメはこんな感じのちょっとかわいいチェック。

 

男の子みたいなチェックシャツには、やんちゃなクロップドパンツを合わせてみて。こんなきれい目のクロップドなら、子供っぽくなりすぎずにうまくまとまります。

 

足元はネイティブ柄のデッキシューズで決まりです。

 

詳しく見る

ドット柄はシックにきめて

ドット柄、いわゆる水玉模様のシャツ。難易度の高いアイテムであることは間違いありません。女の子でさえ、小物などに取り入れる人は多いものの、洋服となると躊躇しそう。

 

そんなドット柄だからこそ、大人の男性に似合うって知ってました?

 

この写真のような細かいドットなら躊躇なく取り入れられますし、ネイビーを選べば引き締め効果もあります。このモデルさんよように、タイを合わせて紳士っぽく。オススメです。

 

詳しく見る

ガウンのようなロングシャツ

デザインに特徴のあるロングシャツは、シンプルコーディネートで。1枚で目を引くアイテムなので、細身のジーパンとタンクトップやカットソーをインナーに。

 

ごちゃごちゃしたものは一切なし。それが着こなしのコツです。縦長のシルエットは、体形に自信のない人にも、ほっそりスラリと見せてくれる効果あり。

 

後ろの腰ひもを結んできれいなラインに。無造作がきまる1着です。

 

詳しく見る

抑えるべきはバイカラー

個性的なバイカラーのシャツ。バイカラーとは2色以上の色が隣り合っている色味のこと。個人的にオススメしたいバイカラー。注目アイテムです。

 

1枚でも存在感のあるシャツですので、モデルさんのようにシンプルに着こなすのも素敵。また、この上にニットカーデをはおって、バイカラーの特徴を強調するのもアリ。

 

アクセント代わりにもなるシャツは、必ず1枚は持っていたいマストアイテムです。

 

詳しく見る


ホーム RSS購読 サイトマップ